イベント

ガン生還発表&気功指導のご案内

ガン生還者3名がおくる「ガン生還体験発表&気功指導」
ガン生還のヒント満載の貴重な機会です

2018年4月14日(土) Ⅰ部 10:00-12:00 定員40名
            Ⅱ部 13:00-16:30 定員100名

コミセンわじろ 5F 多目的ホール

参加費  各部 2,500円 通し 3,000円

応募方法 事務局へ予約の上、下記の口座へ振り込みをお願いします。
振り込みの控えを持参ください。
ゆうちょ銀行 記号17790 番号18088641 ガン生還者の会 希望

会場で春名伸司氏の著書「がんの手術をする前に」「末期ガンを乗り越え100歳をめざす」ほかの販売を行います。

予約・問い合わせ
   「ガン生還者の会 希望」事務局 井上まで

TEL 090-9472-7636
FAX 0946-22-6967
メール  inoue@ganseikan.com
URL:http://ganseikan.com

講演者プロフィール

佐々木英雄氏 2007年 前立腺ガンⅣ期、恥骨転移。
数十万人に一人とも言われる「自然退縮」を果たす。手術不能の末期ガンから西洋医学に頼らずにわずか1年でガンを消すことが何故出来たのか?その貴重な体験を大いに語っていただきます。
その行動の元となった資料の無料配布あり。

春名伸司氏(岡山県在住)  2001年中咽頭ガンⅣ期廃人の危機すらあった15時間の手術と1週間の植物状態を経て生還。現在はNPO「いきいき健康長寿研究会」を主催し、がんの語り部として、体験に基づいた講演や気功の紹介などを行っている。 著書「末期ガンを乗り越え100歳をめざす」「がんの手術をする前に」。

佐倉克彦氏 1996年 大腸ガンⅣ期。肝臓転移。
ガン手術後、玄米菜食、枇杷療法、イメージ療法、温熱療法等を開始。
技術士化学部門、工学博士。自身のガン闘病体験を語るとともに、化学の専門知識を駆使して、なぜこれらの療法がガン治療に有効なのかを分かりやすく説明して下さいます。