代表挨拶

代表をしている井上敏夫と申します。ご挨拶を申し上げます。

院長写真

 私は2008年2月に胃ガンの手術を受けました。お陰様で再発もなく生還を果たすことが出来ました。ガンは7cmあり、ガンからの出血による真っ黒い炭のような便が発見のきっかけでした。つまり、ガンが全身に回っている可能性がありました。
 ご存知のようにガンは再発すると途端に生存率が下がり、完治が難しくなります。私にとって「いかに再発させないか」がカギとなりました。その答えを求めて、様々な学習と実践を行いました。(その詳しい内容はブログ等を見ていただきたいと思います。)
 様々な情報を集める中で行きついたのがNPO法人「ガンの患者学研究所」です。決め手はここに350人以上のガン生還者がいたことです。(詳細は検索してみてください)
 それらの経験から私なりに「ガンからの生還ポイント」を述べます。
(1)なんとしても「ガンを治して生き抜く」強い思いを持つこと
(2)「ガンを治すために」自分に出来ることは何でもやる覚悟を持つこと
(3)カンを働かせ、良いと思う事は素直に取り入れること
(4)自分(のカンや決めたこと)を信じること
(5)治るまでやり抜くこと

どんなに厳しい状況でも「あきらめなければ可能性」はあります。
あなたも自分のガンを治して私たちの仲間になってください。

 


プロフィール

[名前]
井上 敏夫
[略歴]
昭和29年佐賀県生まれ。福岡県朝倉市在住。ガンからの生還を果たした自身の体験から「世の中の役に立つ何か」を求めて
2014年「ガン生還者の会 希望」を立ち上げ、ライフワークとして取り組む。